バブル末期、利潤の追求より「倫理の大切さ」を訴えた東大総長の深いスピーチ

国内 社会

  • ブックマーク

 1990年代初め、当時の日経平均最高値更新、売り手市場のバブル景気の浮かれる空気に対して、危機感を持った学者がいた。東京大学総長、有馬朗人(物理学)――彼は社会に対する警告ともとれる言葉で、学生たちに語りかけた。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。