昭和天皇も見入った麒麟児の突き押し相撲 昭和56年名古屋場所から3年間続いた“面白い現象”とは

スポーツ

  • ブックマーク

 昭和28年生まれの力士「花のニッパチ五人衆」として注目された麒麟児(のちの年寄・北陣、2021年没)。五人衆の仲間が1人、また1人と引退してもなお、黙々と汗を流して鍛え続けた“最後の1人”だ。若々しい突き押し相撲で天覧相撲を大いに盛り上げつつ、黙々と、ひたすらに突き進んだその土俵人生とは。※双葉社「小説推理」2014年3月号掲載 武田葉月「思ひ出 名力士劇場」から一部を再編集...

記事全文を読む

Advertisement