「派閥は本来の政策集団に生まれ変わらなければならない」…茂木幹事長の発言を国民が冷笑する理由

国内 政治

  • ブックマーク

 白馬は馬に非ず──詭弁の代表例として知られているのはご存知の通りだ。では、「政策集団は派閥ではない」という主張は真か、それとも詭弁か。自民党の茂木敏充・幹事長は「茂木派」の会長でもあるが、自派の未来について「いわゆる派閥としては解消し、新たな政策集団に脱皮していく」と考えているらしい。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement