死亡「桐島聡」親族が“引き取り拒否”で遺体をめぐる混乱も いまだ警察が警戒を解けない意外な理由とは

国内 社会

  • ブックマーク

 DNA型鑑定の結果、「矛盾はない」と判断——。1月29日、神奈川県内の病院で死亡した男が、1970年代に連続企業爆破事件に関与した「桐島聡」(70)であると結論付けられようとしている。ただし親族が遺体の引き取りを拒否しているため、その「遺体処理」をめぐって思わぬ混乱が起きているという。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement