米軍がフーシ派を攻撃すれば日本にも大きな打撃 原油輸入「中東依存率95%」を今こそ解消する“救世主”とは

ビジネス

  • ブックマーク

紅海で商船への攻撃を続けるフーシ派

 パレスチナのイスラム組織ハマスのイスラエルへの奇襲攻撃で始まった「ガザ戦争」は開始から3カ月が経過した。

 イスラエル軍の激しい攻撃により、パレスチナ・ガザ地区の犠牲者は1月9日時点で2万3000人を超え、半世紀前に起きた第4次中東戦争の犠牲者数を上回った。

 イスラエルとハマスの間で停戦合意が成立する目途は立っておらず、戦況は悪化するばかり。「ガザ戦争は事実上の『第5次中東戦争』だ」との指摘も出ている(1月5日付Wedge ONLINE)。...

記事全文を読む

Advertisement