空襲警報が鳴っても平然と買い物…戦場から20kmの町で聞いた市民の本音【ウクライナ最前線リポート】

国際

  • ブックマーク

日常的に爆撃にさらされている町へ

 11月はじめ、ウクライナ軍のザルジニー総司令官が、対ロシア防衛戦争の見通しについて発言し、大きな反響を呼んだ。現状のままでは「膠着状態」に陥って戦争が長期化する可能性が高いというのだ。

 戦争が長引くなか、市民はどのように暮らしているのだろうか。...

記事全文を読む

  • ブックマーク

Advertisement