創価学会元理事長「長男」が間近で見た池田大作氏 「君は結婚とかすんの?」と声を掛けられ…幹部は過剰な忖度 二つの素顔とは

国内 社会

  • ブックマーク

「とにかく“面白いおじさんだった”」

 これほど評価が定まらない宗教指導者も珍しいだろう。11月15日に95歳で亡くなった創価学会名誉会長の池田大作氏を巡っては、死後2週間以上が経過した現在も数多くの記事が配信され続けている。だが、生前の池田氏は学会関連以外のメディアにほとんど登場しなかったため、その“素顔”を伝える報道は極めて少ない。そんな池田氏と幼少期から何度となく対面してきたのが、元創価学会本部職員で『宗教二世サバイバルガイド』の著書がある正木伸城氏(42)だ。彼が目にした、等身大の「池田大作」とは。...

記事全文を読む

Advertisement