池田大作氏に贈られた名誉学術称号は408 ローマ教皇との会見も画策、背景に学歴コンプレックスという指摘も

国内 社会

  • ブックマーク

 11月15日、老衰のため95歳で死去した創価学会の池田大作名誉会長(1928~2023)。生前、創価学会の機関紙・聖教新聞は頻繁に、池田氏が名誉学術称号や外国の勲章を受章したことを報じた。贈られた名誉博士や名誉教授といった称号は実に400を超え、勲章も30に迫る。名誉市民などまで含めると優に1000は超えるといわれる。

 ***...

記事全文を読む

Advertisement