立ちんぼ女子を「買う」男たちの事情 「婚活の憂さ晴らし」「恋人では得られない興奮を求めて」

国内 社会

  • ブックマーク

 新宿区立大久保公園周辺、通称「交縁」(こうえん)を訪れると、若い女性が一定間隔で並び、客を待つ姿が目に入る。いわゆる「立ちんぼ女子」である。彼女らを取材した記事は数多あり、生活苦やホストへ貢ぐための資金調達など様々な背景があるという。しかし、彼女らを「買う」男性の事情はほとんど見えてこない。ライターの安宿緑さんが「立ちんぼ女子」を買う男性5人の実像を取材した。(全2回の1回目)...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。