作者がまさかの性加害 ソウル「慰安婦の聖地」で造形物があっさり撤去も“少女像”に立ちはだかる壁

国際 韓国・北朝鮮

  • ブックマーク

 9月5日の午前6時、外国人観光客もよく訪れるソウルの南山タワーに向かう坂道に大きな音が鳴り響いた。狭い道路にパワーショベルが持ち込まれ、トラックが行き交う。日本軍慰安婦追悼公園として知られた「記憶の地」にある造形物の一部を撤去する工事がはじまったのだ。そして同日、ソウル市はそこに設置されていた造形物「大地の目」と「世界のへそ」を撤去した。 ...

記事全文を読む

Advertisement