【日本ダービー】レース直後に2番人気「スキルヴィング」急死の衝撃 関係者からは「綺麗事で終わらせるな」の声

スポーツ

  • ブックマーク

 5月28日(日)に行われたG1レース「日本ダービー」(東京競馬場・芝2400メートル)。7万人の観衆が見守る中、ゴール板を1着で駆け抜けたのは、ダミアン・レーン騎手騎乗の4番人気「タスティエーラ」だった。レース直後、勝ち馬と騎手に惜しみない拍手が送られているその最中、悲劇は起こった。17着で入線した2番人気の「スキルヴィング号」が、馬場の上で急死したのだ。“日本競馬の祭典”で果たして、何が起きたのか。...

記事全文を読む

Advertisement