発売から40年超「ルービックキューブ」が再び大ブーム 発売元に訊いてわかった好調の理由

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 ルービックキューブといえば、立方体の6面の色を、両手を使ってくるくると回しながら揃えてゆくパズルゲームのこと。1980年に発売されるや、当時日本で一大ブームを巻き起こし、社会現象にまで発展したことをご記憶の向きも多かろう。そんなルービックキューブが、発売から40年以上の時を経た今、再びの大ブームが到来しているという。

子供達の間で人気

 そもそもルービックキューブとは、ハンガリーの首都・ブダペストで建築学を教えていた、エルノー・ルービック氏が、1974年、学生達に3次元幾何学を教えるために作ったもの。これが評判を呼び、1977年にまずハンガリーでパズルとして発売されて人気を博し、日本には1980年に上陸。初年度で400万個という驚異的な出荷数を叩き出し、大ブームを巻き起こした。しかしそのブームも40年以上前のこと。それが今再びの人気? 家電量販店のおもちゃ売り場でルービックキューブを吟味していた30代の母親と小学生の親子に訊いてみた。

――今日はルービックキューブを買いに?

母親 はい、子供が欲しいと言うもので。学童クラブ(放課後、小学生を預かる施設のこと)で大流行中で、家で自分もやってみたいと言うので……。

小学生 学童でみんなやってるよ。全部揃えられるとかっこいいってなるんだ。だから自分も家で練習したいと思って。

大変ありがたいことに

 都内の玩具店の広報担当者が言う。

「もう、本当に飛ぶように売れています。買っていかれる方は、若い方から、お年寄りまで本当に全世代の方ですね。うちの年間売り上げランキングで、必ずトップテン入りするほど、人気商品の一つです。確かに、ブームが来ていることを感じます。子供から大人まで楽しめますし、値段もそんなに高額ではありませんからね」

 果たしてルービックキューブ、本当にブームが来ているのか――。発売元であるおもちゃメーカー「メガハウス」を訪ね、真相を伺った。

――実際に「ルービックキューブ」は売れている?

トイ事業部 板垣さん(以下、板垣) はい、大変ありがたいことに、今まさに、絶好調です。ルービックキューブは、発売初年度に400万個という販売数を記録したのですが、その後ブームはすぐに落ち着き、年間の累計出荷数は、数万~多くても10数万といったものでした。ところが、ある年に、急激に出荷数が増えたことがありました。

次ページ:歴代3位の出荷数

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]