グルメレポーター・彦摩呂が聖教新聞の配達を始めていた 背景に創価学会の苦境が

国内 社会

  • ブックマーク

学会票がなければ一気に落選危機

 12月2日、国民民主党の玉木雄一郎代表が年明けに入閣し、自公国で連立を組む可能性が報じられた。背景には、統一教会問題を受け弱体化を強いられる公明党、そしてその支持母体である創価学会の苦境が見て取れる。そんな中、ある有名人が昨年から聖教新聞の配達に従事しているという。

 ***...

記事全文を読む