立浪監督、“闘将”とは似て非なる「血の入れ替え」 “強権トレード”が中日に残した禍根とは

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「星野仙一元監督」の手法踏襲

 プロ野球中日がこのオフ、主力のトレード連発で大なたを振るっている。11月15日に阿部寿樹内野手と楽天の涌井秀章投手の交換を発表すると、同18日には京田陽太内野手と引き替えにDeNAから砂田毅樹投手を獲得した。最下位に沈んだ就任1年目の今季からの巻き返しへ向け、大胆な「血の入れ替え」を進める立浪和義監督(53)の行動力は、元中日監督で師と仰ぐ故星野仙一氏をほうふつさせる。一方で二塁の阿部、遊撃の京田とセンターラインの解体には、球団内部からも疑問を呈す声が聞こえる。...

記事全文を読む