福岡市当局が癒着の呪縛 今なお「博多港」で反社系が特権的利益 借用地の転貸しと無許可荷役

ビジネス

  • ブックマーク

転貸し

“アジアの玄関口”福岡の博多港で、目下、ヤクザ組織との因縁をバックに特権的利益を享受する企業の存在がクローズアップされている。その企業の名は、「博光(はっこう)運輸」。戦後の混乱期、創業社長の山北菊松氏は丁半博打の賭場を開帳する胴元だった。と同時に、博多港で荷役の人夫出しも手掛けていたという。

 ***...

記事全文を読む