岸田首相の狙う「広島サミット」後に解散総選挙というシナリオが失敗に終わる理由

国内 政治

  • ブックマーク

批判のスパイラル

 岸田文雄首相を取り巻く環境は極めて厳しい。国葬、旧統一教会、円安による影響、原材料費の高騰や物価高、そしてコロナ禍。自身が招いた事態もあればそうでないものもあるが、いずれにせよ、首相自らの判断と国民の意識の間には相当なズレがある。信頼を失い、内閣支持率は右肩下がりを続けている状態だ。そんな中、首相が狙うベストシナリオが聞こえてきた。...

記事全文を読む