「ソフトバンク」現役社員がTKO木本をハメた社長とグルになって“投資詐欺”をしていた 会社は取材後「警察に通報した」と回答

国内 社会

  • ブックマーク

 通信会社大手「ソフトバンク」でとんでもない不祥事である。部長職の社員ら二人がアパレル会社社長と組んで12億円に及ぶ架空の投資話をでっちあげ、知人などから金を集めていたのだ。社長は、TKOの木本武宏(51)ら複数の芸能関係者と投資トラブルを抱えたまま失踪したと騒がれている人物である。ソフトバンクは「デイリー新潮」の取材に「初めて事案を把握した。極めて悪質な行為。警視庁に通報した」と回答。芸能界を揺るがした投資トラブルは、刑事事件に発展する可能性も出てきた。
...

記事全文を読む