統一教会・勅使河原氏によるマスコミへの“逆襲” 弁護士は「会見はうそばかり。1家族につき183万円の献金ノルマが」

国内 社会

  • ブックマーク

 1992年、韓国で開催された統一教会の合同結婚式で「新体操の女王」こと山崎浩子と結ばれて茶の間の話題をさらった勅使河原(てしがわら)秀行氏。そんな彼が統一教会の幹部に就任し、再び注目を集めている。

 ***...

記事全文を読む