「浅草キッド」から「浅草ルンタッタ」へ……劇団ひとりのクリエイターとしての進化

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 8月24日、劇団ひとりの12年ぶりの書き下ろし小説「浅草ルンタッタ」(幻冬舎)が発売された。明治・大正期の浅草を舞台に、懸命に生きる人々の姿が描かれている。...

記事全文を読む