渦中の「山際大臣」に地元から「いますぐ辞めろ!」の大合唱 四面楚歌で囁かれ始めた「辞任のタイミング」

国内 政治

  • ブックマーク

 混乱を極めた安倍元総理の「国葬」に続き、岸田政権に早くも次の“試練”が待ち構える。10月3日に召集予定の臨時国会で追及が再燃する、旧統一教会をめぐる問題だ。なかでも野党から“袋叩き”に遭うと見られているのが山際大志郎経済再生担当大臣。それを見越して、自民党内からは「早く辞めろ」との声が公然と上がり始めているという。

 ***...

記事全文を読む