夏の甲子園は不作?「目玉は浅野翔吾だけ」との声も 地方大会で敗れたドラフト候補の“気になる評価”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

例年より視察が少ない球団も

 仙台育英の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。東北勢悲願の「大旗の白河越え」を成し遂げて、地元・宮城は大変な盛り上がりを見せていた。こうした熱狂とは対照的に、プロ球団のスカウト陣に話を聞くと、「ドラフト候補の活躍があまり見られず、例年と比べて、寂しい甲子園だった」という声が多かった。中には「目立ったのは、(高松商のスラッガーである)浅野翔吾だけだった」と話すスカウトもいたほどだ。【西尾典文/野球ライター】...

記事全文を読む