プロも大注目の「4番候補」だったはずが……期待外れに終わった“超高校級スラッガー”3人

スポーツ 野球

  • ブックマーク

相思相愛で中日に入団

 岡本和真(巨人)や村上宗隆(ヤクルト)のようにドラフト1位で入団した超高校級スラッガーが、プロでも不動の4番に成長する一方で、“将来の4番”と期待されながら、花開くことなく終わった“未完の大器”も少なくない。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む