「池田大作」名誉会長の“長き不在”が影を落とす、集票力ガタ落ち「公明党」の正念場

国内 政治

  • ブックマーク

 安倍晋三元首相銃撃事件の余波が収まらぬ7月19日、創価学会を支持母体とする公明党の山口那津男代表は“政治と宗教”の関係を問われ、「コメントは控えたい。状況を見極めたい」と述べるにとどめた。参院選の結果を受け内部で動揺が広がるなど、連立与党の公明党が揺れている。

 ***...

記事全文を読む