ワクチン接種後に死亡の中日・木下雄介投手、未だに球団から補償金が支払われず

スポーツ

  • ブックマーク

 昨年8月3日、中日・木下雄介投手が妻と2人の幼児を残して急逝した。この一報が球界に衝撃を与えたのは、彼が27歳の若さだったからだけではない。それはコロナワクチン接種後の悲劇だったのだ。しかし、この時の状況について、球団は遺族にも満足な説明をしていないという。

 ***...

記事全文を読む