天台宗の座主に97歳が選出のナゾ どうやって選ばれる?

国内 社会

  • ブックマーク

 1200年以上の歴史を持つ天台宗の総本山・比叡山延暦寺は、開祖の最澄だけでなく、親鸞、法然、日蓮ら他宗派の開祖も輩出したことから「仏教の母山」と呼ばれている。5月31日、その延暦寺で天台宗の新しいトップの就任を披露する「伝燈相承式(でんとうそうじょうしき)」が営まれた。儀式に臨んだのは、第258世座主(ざす)の大樹孝啓(おおきこうけい)大僧正。御年97歳である。...

記事全文を読む