ファイティング原田が78歳で再会したライバル リモート会談でジャブを打ち続けた理由は?(小林信也)

  • ブックマーク

「エデル・ジョフレとファイティング原田をロサンゼルスで再会させたい。原田を連れて来られないか」

 石井彰英がアメリカの「西海岸ボクシング殿堂」から依頼を受けたのは2021年3月。クリストファー・J・スミスが“ガロ・デ・オーロ(黄金のバンタム)”と謳われた伝説の王者ジョフレの評伝を書いた。それを祝う会で、永遠のライバル原田との再会を実現させたいという。石井が伝えると、原田はすぐ「行きたい」と声を上げた。...

記事全文を読む