カジノ計画の末路 幹事銀行すら決まらず“ごまかし”で突き進んだ長崎県の「4383億円資金計画」

国内 社会

  • ブックマーク

 カネはある。ただし、今はまだ見せられない。そのうち明かすから心配しなくていい。こんなことを言う怪しい人間と関わった経験はないだろうか。まさしく、IR誘致を進める長崎県がこれなのである。しかも、こんな“欺瞞”を、県議会までが認めてしまったというのだから、呆れてものが言えない。

 ***...

記事全文を読む