「楽天・オコエ」の土俵際 監督が見限った致命的な「怠慢プレー」とトレード要員としても「少なくともウチはいらない」

スポーツ 野球

  • ブックマーク

順調過ぎるぐらい、順調です

「その試合終了直後、石井監督は務めて冷静に『ミスを責める必要もないんですけど』と前置きしながらも『しっかりと早く内野に返していくのが鉄則なところが、できていなかった』とオコエの怠慢プレーを糾弾。昨季終盤のチームは熾烈な上位争いを繰り広げ、一戦も落とせない状況だっただけに凡ミスによって勝てた試合を落とすきっかけを作ったオコエに対する失望は相当なものだったようです。実際にそのソフトバンク戦の翌日、オコエは登録抹消で即座に二軍降格となっています」(前出の関係者)

 そもそもチーム内ではかねて、オコエについて「危機感がなさ過ぎる」との指摘も飛び交っていた。楽天OBの1人は「奔放な性格は入団してから今もずっと変わらない。プロ2年目が終わりかけの頃、このシーズンは一軍での出場成績が前年を上回っていたこともあり、担当記者に『順調過ぎるぐらい、順調です』と“勘違い発言”を口にして周囲から呆れられたこともあった。こういう自己過大評価の一面が災いし、チーム内でも悪い印象を与えているのは紛れもない事実。それでも結果を出せているなら許せますが、ご覧の通りの体たらくでは残念ながら話にもなりません」と半ば呆れ顔だ。

絶望的な評価

 しかも今オフには日本ハムから俊足好打の西川遥輝が加入し、ここまで不動のリードオフマンとして定着し続けている。楽天外野手陣はただでさえ層が厚く“激戦区”。普通に考えれば、オコエが定位置を奪い取るのは至難の業だ。

 そうなると思い切って環境をガラリと変え、他球団へ移籍して活路を見出すというやり方も当然想定されるのだが、現状のオコエはトレード要員としても「絶望的な評価」となっているという。

「叱責されたり、使われなくなったりすると、すぐにふて腐れるなど態度も悪い。狭いプロ野球界ですから、そういう彼のネガティブな悪評は各球団の編成担当者も共有しています。身体能力は確かに高いはずですが、人の話を聞き入れようとせず協調性がないため、きちんと成長しない。これでは、どの球団がオコエのトレード話を持ちかけられても『ノーサンキュー』でしょう。少なくともウチはいらない。GM職も兼務する石井監督を筆頭に楽天さんもオコエの処遇には心底困り果てていると聞いています」(セ・リーグ某球団の編成担当者)

 今から7年前の夏に甲子園のスターとして脚光を浴びたオコエの雄姿は、プロ入り後の体たらくによって蜃気楼のように消え去っていこうとしているのだろうか。今年7月で25歳となるオコエに残された“ブレイクの猶予”は限りなく少ない。

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]