上戸彩はなぜ「良妻」役がハマるのか ジャニーズとの相性と、包容力を感じさせる「甘え口調」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 松本潤さんが主演を務める「となりのチカラ」。今まで演じてきたパーフェクトなイケメンから一転、お節介な割に空回りするさえない既婚者役という新境地に挑んでいる。脚本の遊川和彦さんは「家政婦のミタ」「女王の教室」「過保護のカホコ」など、極端なキャラ造形のドラマでヒットを重ねてきた希代のストーリーテラー。松本さんとの化学反応に大きな期待も寄せられていたが、視聴率は苦戦が続いている。...

記事全文を読む