総選挙予測大外れで共同通信社長に“異例の処分” 直撃に「役員報酬を返上した」

国内 社会

2022年01月13日

  • ブックマーク

 政界、一寸先は闇――。“寝業師”の異名をとる川島正次郎・元自民党副総裁の言葉通り、令和初の総選挙では思わぬ結果に涙した者も。それは選挙報道に携わるメディアも同じ。議席予測を大きくハズした共同通信社では、“社長”に異例の処分が下されていた。

 ***...

記事全文を読む