オミクロン株流行、日本では小規模で収束か? いま健康を守るために必要な議論とは 医療崩壊(57)

国際

2021年12月29日

  • ブックマーク

 世界中でオミクロン株の感染が拡大している。日本でも京都、大阪、そして東京などでの市中感染が確認された。果たして、日本での流行はどうなるだろうか。

 市中感染が確認されたということは、国内で、既にオミクロン株が一定規模の流行をしていることを意味する。問題は英米のように大流行に発展するかだ。予断を許さない状況だが、筆者は日本での流行は小規模で収束するのではないかと考えている。

アジアと南米で「感染抑制」の可能性も

 私が注目するのは、世界各地での今冬(北半球の季節で=以下同)の新型コロナウイルス(以下、コロナ)感染症の流行状況だ(図1)。...

記事全文を読む