「アベノマスク」検品経費21億円、保管費用6億円で蒸し返される「受注会社」の“恥ずかしい過去”

国内 政治

2021年12月24日

  • ブックマーク

8000万枚が残り、15%が不良品

 新型コロナの流行初期、安倍晋三首相(当時)の振る舞い、政策が世間の反感を買っていたことがある。星野源の「うちで踊ろう」動画とのコラボあたりは単なる「炎上」案件だろうが、全世帯に2枚配布された「アベノマスク」は、今となっては失敗例と言えるだろう。熱心な支持者たちは、あのマスクがあったからこそマスク市場が落ち着いたという立場に立つのだが、少なくとも現状、政府にとっては完全な「負の遺産」と化しているのは厳然たる事実。ここにきて、行き場を失ったアベノマスク8000万枚以上が依然として倉庫に眠り、保管費用だけで6億円を超えていることがわかった(2020年4月28日の記事に加筆・修正を施しています)。...

記事全文を読む