NMB48「本郷柚巴」とは何者か 今年の水着解禁で大ブレイク、早くも“次期女王”の声

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

売れるグラドルの3要素を兼ね備えた存在

 NMB48は山本彩、白間美瑠など以前から積極的にグラビア展開してきた歴史がある。小林さんによれば「本郷さんもそうした先輩を見てきたのでグラビアにも前向きで、グラビアでの活躍をきっかけに、NMB48の中で選抜に入りたいという気持ちが強い」という。

 実際グラビアでの活躍もあり、11月に行われた『ベストヒット歌謡祭2021』(日本テレビ系列)では渋谷がセンターを務める『夢中人』という曲で、初めて音楽番組出演を果たしている。

 筆者はグラビア評論家でもあるが、本郷は周囲の期待通りグラビアで活躍すると考えている。本郷は(1)丸顔で童顔(2)美人というより親しみのある顔(3)スタイルの良さという、売れるグラビアアイドルの三要素を全て兼ね備えているからだ。この三要素を兼ね備えたグラドルには過去に篠崎愛や大原優乃などがいたが、本郷は同じレベルで人気になると予想している。

 小林さんも本郷の活躍を期待している。

「まだグラビアデビューから1年も経っていないので、今は素直に求められているものをやっている状況だと思うのですが、今後は徐々に自分らしさをグラビアで追求して、時折こちらが想定していないようなドキッとさせる表情が出てくると幅も広がると思います。新しいグラビア女王になれるだけのポテンシャルはあると、ヤングマガジン編集部として考えています」(小林さん)

徳重龍徳(とくしげ・たつのり)
ライター。グラビア評論家。大学卒業後、東京スポーツ新聞社に入社。記者として年間100日以上グラビアアイドルを取材。2016年にウェブメディアに移籍し、著名人のインタビューを担当した。現在は退社し雑誌、ウェブで記事を執筆。個人ブログ「OUTCAST」も運営中。Twitter:@tatsunoritoku

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]