「死んでもやるから、やらせてください」キャスティングも紆余曲折を経た「仁義なき戦い」舞台裏 「仁義なき戦い」外伝〈2〉

エンタメ 映画

2021年11月30日

  • ブックマーク

 菅原文太がこの世を去ってから7年。彼を一躍スターの座に押し上げた「仁義なき戦い」シリーズの第1作が封切りとなったのは1973年1月のことだった。公開から半世紀を経てなお愛され続ける実録映画の金字塔が世に出るのはしかし、簡単なことではなかった。主人公、重要な脇役たち、監督、キャメラマンなど、ありとあらゆるキャスティングが難航を極めたのだ。それらが落着してなお、クランクインまでに解決しなければならない問題がいくつも残されていた。貴重な証言と膨大な資料を重ね合わせて綴られた傑作評伝『仁義なき戦い 菅原文太伝』(松田美智子著)から、伝説の映画の舞台裏を紹介する。...

記事全文を読む