立憲民主・代表選「浮動票はたった4」「公開討論会は逆効果」の声 史上稀に見る大混戦で各社の情勢予想が進まない理由

国内 政治

  • ブックマーク

野党第一党としての立ち位置を定めきれない

 立憲民主党の代表選は盛り上がりに欠けたまま11月30日の投開票を迎えそうだ。立候補する逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元副厚生労働相(54)のいずれもが過半数に達せず、決選投票が濃厚となっている。...

記事全文を読む