鈴木もぐら、粗品、岡野陽一…クズっぷりアピール「ギャンブル芸人」急増のウラ

エンタメ 芸能

2021年11月19日

  • ブックマーク

 絶大な人気でギャラを稼いでも片っ端から使ってしまい、さらに借金まで重ねる。そんな「破滅型芸人」と言えば、五代目・古今亭志ん生(1890~1973)や初代・桂春団治(1878~1934)が伝説的存在だ。藤山寛美(1929~1990)の名前を思い出すファンもいるだろう。

 ***...

記事全文を読む