「日本沈没」の設定はリアル? 専門家の意見は「メカニズムとしてはあり得る」

エンタメ

  • ブックマーク

 近年では「半沢直樹」が大ヒットしたTBS日曜劇場(日曜午後9時~)の最新作「日本沈没―希望のひと―」が順調だ。10月10日の第1話、17日の第2話ともに視聴率15%超え。牽引役となっているのは、やはり豪華キャストだろう。

主人公で未曾有の災害に立ち向かう環境省職員を小栗旬、同期の経産省職員を松山ケンイチが演じ、「関東沈没」を予言する地震学者に香川照之、環境省の汚職を追う週刊誌記者に杏を配するなど、これでもかといわんばかりの顔ぶれを並べる。

 原作はご存じ小松左京の『日本沈没』。ただし、本作はオリジナルと異なり、日本沈没を招く原因は地球温暖化にあるという現代的な設定だが、一部から「突飛すぎでは」という声も。そこで、番組を監修した名古屋大学大学院の山岡耕春教授(地震学)に聞けば、

「TBSの番組宣伝HPに掲載しているコメントがすべてです」

 とのお答え。で、HPを覗くと、こうあった。

〈そもそも日本が沈没することはあり得ないことなのですが、その上で(TBSから)『日本沈没の原因を温暖化にしたい』と言われたときは非常に困りました。(中略)もっともらしい設定を作るためにはどうしたらいいか、頭が痛かった〉

 なるほど、素直な困惑の吐露である。

次ページ:「学者の足の引っ張り合いはリアル」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]