東南アジアで高まる「中国製ワクチン」不信 在留日本人には欧米製を打つ特別措置も

国際 2021年10月20日

  • ブックマーク

 9月17日より、インドネシアの首都ジャカルタ北部、タンジュンプリオク地区にある港湾検疫施設で、ジャカルタ周辺に在留する日本人とその家族、およそ330人を対象としたコロナワクチン接種が行われた。...

記事全文を読む