Uber配達員が語る「コロナ禍のフードデリバリー」 2000人調査で判明「不快な経験」は18.6%

国内

  • ブックマーク

 緊急事態宣言の発出やリモートワークの広がりにより、この1年半でフードデリバリーサービスを利用する人が急増している。そこで今回、コロナ禍におけるフードデリバリーサービスの利用状況などについてアンケートを行い、ウーバーイーツの現役配達員からサービスの実情について解説してもらった。アンケートは、9月3~4日、全国のYahoo! クラウドソーシングユーザーを対象に行い、2000人から有効回答を得た。

 ***...

記事全文を読む