混沌のアフガン、秘密工作へ動く情報機関:テロの次の標的に中国も インテリジェンス・ナウ

国際 Foresight 2021年9月28日掲載

  • ブックマーク

 8月31日の米軍撤退期限の前後から、アフガニスタンにかかわる関係諸国の情報機関トップが目まぐるしく動き始めた。大転換期を迎えたアフガンの修羅場で危機管理に躍起となっているのだ。

 タリバンが全土をほぼ制圧した後の8月23日、最初にアフガンの首都カブールに乗り込んだのは米中央情報局(CIA)のウィリアム・バーンズ長官。2番手はパキスタン3軍統合情報局(ISI)長官のファイズ・ハミド中将だった。

 バーンズ長官の会談相手は、その後副首相に就任した、タリバンの政治部門トップ、アブドル・ガニ・バラダル師だった。...

記事全文を読む