「ハコヅメ」高視聴率を支えた日テレの「with YouTube戦略」って何?

エンタメ 芸能 2021年9月26日掲載

  • ブックマーク

 9月15日、「ハコヅメ~たたかう!交番女子~」(日本テレビ)の最終回が、シーズン最高の視聴率12・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)で有終の美を飾った。交番勤務の女性警官を描いたコメディ&シリアスドラマは、主演の戸田恵梨香と永野芽郁のコンビも良かった。元婦人警官が描いた原作漫画のリアルさもあった。高視聴率には様々な要因はあるものの、永野のコロナ感染で2週間の撮影休止があったのは大きなダメージだった。それでも視聴者をつなぎ止めたのは、日テレの動画戦略が功を奏したからだという。...

記事全文を読む