岸田文雄氏が掲げる「健康危機管理庁」構想に疑問符 もっと必要なコロナ対策がある

国内 政治 2021年9月10日掲載

  • ブックマーク

 菅義偉首相は9月3日、自民党の総裁選挙に立候補しないことを表明した。デジタル化や地球温暖化防止の対策を進めてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず、就任から1年で退陣することとなった。その経緯から、9月末の自民党総裁選挙は、「コロナ対策」が争点の1つになるのは確実な情勢だ。...

記事全文を読む