「長崎IR」内定のオーストリア国営カジノは「疑獄事件」の渦中 日本法人代表は「小林幸子の夫」

国内 社会 2021年9月6日掲載

  • ブックマーク

 長崎県が誘致を進めるIR(カジノを含む統合型リゾート)の設置・運営事業予定者が決定した。日本法人の代表は演歌歌手・小林幸子の夫であるが、早くも苦境に立たされている。親会社であるオーストリアの国営カジノは、母国で疑獄事件への関与が疑われるなどの問題を抱えており、長崎県の調査が適正に行われたか疑問視する声も一部で出始めているのである。

 ***...

記事全文を読む