水中考古学者、ミクロネシアの浅瀬でゼロ戦に出会う

国際 Foresight 2021年9月2日掲載

  • ブックマーク

 日本、サイパン、グアム、ミクロネシア連邦、そしてオーストラリア――。

 近年これらの国々で重要視されている研究対象がある。太平洋戦争で沈んだ船舶や航空機といった水中戦争遺跡だ。2045年には戦後100年を迎える。それまでに水中戦争遺跡の保護をしよう、と太平洋各地で様々なプロジェクトが立ち上がっているのだ。

  世界の海で船の発掘・研究を行う水中考古学者、山舩晃太郎氏が太平洋の島国・ミクロネシア連邦で経験したプロジェクトについて、初著書『沈没船博士、海の底で歴史の謎を追う』より一部抜粋・再構成してお届けする。...

記事全文を読む