新たな犯罪集団――ヤクザのルールを守らない外国人マフィアの実態とは

国内 社会

  • ブックマーク

「もう止めたいと何度も思った」

 外国人の不良グループ「外国人マフィア」の存在が注目を集めている。

 群馬県や栃木県の農家に侵入して豚や牛、鳥といった家畜を窃盗していたベトナム人、東京・新宿にネパールタウンを形成し、深夜のパーティでは違法薬物を受け渡しているネパール人、中高年女性を狙ってロマンス詐欺を繰り返すナイジェリア人、日本の暴力団の“仕事”を請け負っては裏切ることまで平気でやってのけるフィリピン人、暴力団さえも手出しできず売春地帯を取り仕切るブラジル人――。...

記事全文を読む