小泉進次郎、名門「コロンビア大学院」留学の裏側 関係者が証言

国内 政治 週刊新潮 2021年8月12・19日号掲載

  • ブックマーク

米政府大物に相談

 2019年に男性では戦後最年少で入閣を果たすも、その後は「46という数字が浮かんできた」など珍妙な“ポエム”を連発し、国民から失笑を浴び続ける小泉進次郎環境相。世間との感覚の乖離が目立つ彼だが、その原点は04年のコロンビア大学大学院留学にあった。なんと、自身の所属大学教授や米大物教授まで巻き込んで、希望大学への入学を果たしていたのだ。

 ***...

記事全文を読む