「稲葉篤紀監督」は戦訓にできるか…屈辱にまみれた“北京五輪の悲劇”

スポーツ 野球 2021年7月22日掲載

  • ブックマーク

「季節外れの桜を咲かそう」

 7月23日開幕の東京五輪では、2008年の北京大会以来、13年ぶりに野球が復活する。前回は阪神のオーナー付SDだった星野仙一監督が侍ジャパンを指揮した。本番直前の08年7月、星野監督は、代表24選手全員に「北京の夏に季節外れの桜を咲かそう」と書いた手紙を送り、金メダルへの熱い思いをアピールした。...

記事全文を読む