熱海土石流、崩落現場に‟大量の産業廃棄物“ 自分は悪くない――盛り土業者の言い分

国内 社会 週刊新潮 2021年7月22日号掲載

  • ブックマーク

以前からトラブルが頻発

 7月3日に静岡県熱海市を襲った土石流の大部分は、届け出を大きく上回る量の“盛り土”だった。処理を行ったのは、前所有者である神奈川県小田原市内の業者。さらに、土石流の中には大量の産業廃棄物が含まれていたことも明らかに。現在“雲隠れ”している当の社長が取材に答えた“言い分”とは――。

 ***...

記事全文を読む