官僚定年延長で“ブラック霞が関”さらに劣化という悲鳴

国際

  • ブックマーク

 6月に閉幕した通常国会で、国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法などの改正法が可決成立した。国会審議では、新型コロナウイルスの感染再拡大や東京オリンピック・パラリンピックの扱いにもっぱら関心が向き、公務員の定年延長に関する議論はほとんど注目されなかった。というのも、自民・公明の与党だけでなく、立憲民主党などの野党も公務員の定年延長には賛成で、まったく争点にならなかったというのが正しい。

 現在60歳の定年を2023年度から2年ごとに1歳ずつ引き上げ、2031年度に65歳にする。...

記事全文を読む