東京五輪PVをめぐり「武蔵野市」と「三鷹市」が対立 不仲説の背景に60年前の“すれ違い”

国内 社会 2021年6月14日掲載

  • ブックマーク

 東京五輪・パラリンピック期間中のパブリックビューイング(PV)をめぐっては、コロナ感染拡大防止の点から、各地で中止や見直しを求める声があがっている。武蔵野市と三鷹市にまたがる「井の頭公園」では、400インチ超の巨大ビジョンが設置予定。これをめぐり、両市は真っ向から対立しているのだ。

 ***...

記事全文を読む